プチ整形で美々っとCHANGE〜美容技術の進化〜

人気のプチ整形

美容整形の歴史について

目を瞑る女性

現在では二重にしたい、バストアップにしたい、などといった望みもプチ整形で気軽に叶える事が出来る良い時代になっています。そんな美容整形の歴史はどうなっているのか簡単に見てみます。 まず、紀元前の頃には鼻を切られた人の鼻を戻すための造鼻術が行われていたと言われています。この技術は中世の頃には形成外科の教科書に書かれました。 日本での美容整形の始まりは昭和の初期頃であり、ヨーロッパの技術が伝わってそれを元に美容整形が行われるようになりました。ただ、美容整形が現在のように普及するようになったのは第二次大戦後の事であり、1955年に日本で国際外科学会が生まれ、その翌年の1956年には形成外科が誕生しました。そして、その10年ほど後に形成外科とは別に美容外科が誕生しました。戦後は欧米にあこがれる人が多くなり、欧米の女性のようになりたい女性を中心に需要が増えて整形が次第に普及するようになりました。そして、技術が進歩するとプチ整形が注目されるようになり、多くの人が現在では気軽に整形を受けられるようになっています。

美容の需要は高い

男女関係なく誰だって、もっとキレイになりたい、カッコ良くなりたい、という願望を持っているものです。今までは美容に関しては特に女性の関心が強く、市場も女性をターゲットとしている傾向があります。最近ではプチ整形が流行る事によって以前よりも気軽に美容整形が出来るようになったので、女性にとっては美容整形は重要なものになってきています。そして、最近では女性だけでは無く男性でも美容に気を配る人が以前と比べて増えており、男性の美容整形の潜在的な需要はまだまだあると考えられます。 プチ整形が人気となったために女性の整形に対する意識変化をもたらしましたが、今後は美容に気を配る男性のプチ整形も需要が高くなっていくのではないかと思われます。